英会話

【海外ドラマで学ぶ英会話】Netflixドラマ「ハリウッド」第2話

ブログ訪問ありがとうございます💕AYAです(@aya_travelxoxo)

海外ドラマで学ぶ英会話シリーズ
今回は、私の今ハマっているNetflixドラマ「ハリウッド」第2話に登場するフレーズをご紹介します♪

「ハリウッド」第2話あらすじ

引用元:https://www.theverge.com/

Netflixドラマ「ハリウッド」の登場人物や簡単なあらすじ紹介についてはこちらの記事でも詳しく紹介しています✨

第2話は、ようやく物語が動き始めた感じでした。

フィリピン人の母親を持つ映画監督レイモンド(ダレン・クリス)は、アジア人への偏見を無くすための映画製作に情熱を燃やしています。

引用元:https://www.bustle.com/

しかし、ハリウッドのプロダクションは、主演は白人しか受け付けず相手にされません。

そこで、投身自殺を図った女優「ペグ」の映画を製作し、その映画をヒットさせることで自分の作りたい映画を作っても良いという約束をします。

映画「ペグ」の脚本家として名乗りをあげたのが、黒人の脚本家アーチー(ジェレミー・ポープ)

ヒロインの座を狙うクレア(サマラ・ウィービング)に促されてジャック(デヴィッド・コレンスウェット)も作品に参加を決意します。

海外ドラマで学ぶ英会話

Rotten to the core:芯まで腐っている

第1話で、売春行為のため警察に捕まったジャック。

「前科持ちの俳優なんてありえない!」と言うジャックに対し、社長アーニーはこう言います。

The folks making those movies…rotten to the core.

(そんな映画を作るやつらも、中身は腐っている)

引用元:Netflix

この「Rotten to the core」

ディズニー映画『ディセンダント』「Rotten to the Core」という歌があって聞いたことあるフレーズだな〜と思いピックアップしました♪

引用元:YouTube

Rotten to the coreは、

中身が腐っている。とか性根が腐っている人

のことを言います。

I got my foot in the door.:足がかりをつかむ

映画デビューを果たした女優の卵、カミーユのセリフ

引用元:https://wherever-i-look.com/

主人公の黒人メイド役というちょい役でしたが、主演女優から褒められたカミーユはこう言います。

So, I officially got my foot in the door.

(夢への第一歩ね)

引用元:Netflix

”get my foot in the door”は、直訳すると「ドアに足を踏み入れる」という意味。

これは、

将来活躍したい分野で成功につながるような足がかりをつかむ

という意味のフレーズです。

Roll the dice:運に任せる

Roll the diceは、直訳すると「サイコロを振る」という意味です。

ギャンブルでサイコロを転がすのは、吉と出るか凶と出るかという意味から、

イチかバチか。や運に任せる

という意味のフレーズとして使われます。

例文:I don’t know whether that will be successful or not. But let’s roll the dice.
(成功するかどうか分からないけど、運に任せてみよう)

最後に

いかがでしたか?

「ハリウッド」第2話で学べる英会話フレーズをご紹介してきました♪

第1話の記事はこちら↓

映画やドラマでネイティブ英語フレーズを学ぼう

映画やドラマで英語を楽しく学ぶのはとってもおすすめ🌸
自分のお気に入りの動画配信サービスを探してみてね!

Netflix 簡単に字幕切替が出来る!

Amazon Prime Video Amazonで買い物する人は必須サービス!

U-NEXT 映画やドラマだけでなく、雑誌や漫画も!