英会話

【海外ドラマで学ぶ英会話】『ホームカミング』S1E2「パイナップル」

ブログ訪問ありがとうございます♪AYAです(@aya_travelxoxo)

この記事では、Amazon Prime Videoで配信中の海外ドラマ『ホームカミング』

シーズン1第2話より、役に立つ英語フレーズをご紹介します♪

字幕だけでは伝わらない、英語本来の意味を知るとドラマがもっと面白くなる✨

ホームカミング第2話の感想はこちら↓

字幕では伝わらない英語フレーズ①「obsessed with〜」

まずは、冒頭戦地での体験を語るウォルターのシーンから。

He was obsessed with…

『ホームカミング』シーズン1第2話パイナップル(2018年)

obsessedは、「取り憑かれた」という意味の英単語。

be obsessed with~「〜に夢中」今ハマっていることを紹介出来る便利なフレーズです。

✐point
例文:I’m obsessed with Harry Potter. (ハリー・ポッターに夢中なの)

字幕では伝わらない英語フレーズ②「No such thing as〜」

こちらはネイティブがよく会話で使う表現

No such thing as Titanic Rising.

同じ軍隊の仲間でタイタニック好きの同僚に「タイタニック・ライジング」というニセ映画をでっち上げからかったという話から。

Such thing as〜は「〜のようなもの」

冒頭にNOがついているので、何となく否定形だと分かりますね。

くっつけると、「そんなものは存在しない」という意味になります。

この世に絶対ないものに対して使うことが出来ます。

✐point
例文:There’s no such thing as a ghost!(おばけなんていないよ!)

字幕では伝わらない英語フレーズ③「He bought that.」

こちらもかなり頻繁に聞く言葉。

He bought that?

先程の「タイタニック・ライジング」の話を聞いているハイディが言った言葉

buy には「買う」という意味の英単語ですが、「受け入れる」というニュアンスを持つ単語です。

そこから「受け入れる」=「信じる」という意味も持ちます。

つまり「He believe that.」と同じ意味。

✐point
例文:I can’t buy it. (それ信じられないな!)

字幕では伝わらない英語フレーズ④「give a fuck about〜」

こちらはスラング。

Look, when’s the last time anybody gave a fuck about you?

「ホームカミング」の存在を疑い始めたシュライアの言葉。

gave a fuck?「fuckをあげた?」

いえいえ違います😂笑

Give a fuckで「気にしない」という意味になります。

シュライアのセリフは「お前のこと気にかけた奴なんかいたか?」と言っています。

ちなみに同じ意味で「Give a shit」も使えます。

✐point
英語文化圏は、Fワードを使う人はあまり行儀が良くないとされているので、使用には注意しましょう😂笑

最後に

いかがでしたか?

この記事を書いてて気づいたのですが、

血の気の多い元軍人達は結構Fワード使っているので、スラングを知るにはもってこいのドラマ✨

海外ドラマ『ホームカミング』が見れるのは、Amazon Prime Videoだけ✨
登録はこちらから↓

こちらの記事もおすすめ♥
映画やドラマでネイティブ英語フレーズを学ぼう

映画やドラマで英語を楽しく学ぶのはとってもおすすめ🌸
自分のお気に入りの動画配信サービスを探してみてね!

Netflix 簡単に字幕切替が出来る!

Amazon Prime Video Amazonで買い物する人は必須サービス!

U-NEXT 映画やドラマだけでなく、雑誌や漫画も!